米倉涼子さんのCHICAGO

ブロードウェイミュージカル米倉涼子さんの「CHICAGO」を。
f:id:karinmatasumori:20190816081624j:plain
セクシーな黒のドレス、
無駄のないしなやかな背中やボディライン。
迫力ある欧米人のなかで、ひときわ華奢に見える米倉涼子さんですが
バレエで鍛え抜かれた身体と女優のセンスで
言語の壁、身体能力の壁、文化の壁、
あらゆる壁を軽やかに飛び越え、華やかに輝く魅力。
目が離せませんでした。

英語上演なので日本語字幕がありますが、
日本盤の台詞アレンジも面白くて。
通常は舞台下にいるオーケストラが
CHICAGOでは舞台上の演出として見えるのも楽しい。
ジャズナンバーを奏でる指揮者の動きってこんな感じなんだぁと、
気付くと自分も一緒に動いてたり。
もちろん出演男性も美しく、際どい衣装で全員が並んだときの迫力といったら。
観客達が一斉にオペラグラスを手にするのが面白かったです。

魅せる身体もアートなんですね。
エンターテイメントの真髄に触れたつかの間の休息。
f:id:karinmatasumori:20190814213611j:plain
f:id:karinmatasumori:20190816081644j:plain

ミュージカル「王様と私」渡辺謙のCome…

f:id:karinmatasumori:20190814115132j:plain

ミュージカル「王様と私」鑑賞。
渡辺謙が主演ですが、英語での上演なので舞台わきに縦型の日本語訳字幕があります。
だから私は来日ミュージカルが大好きなのです。


王様と私」といえば"Shall We Dance? "のメロディーで
舞台を縦横無尽に駆け抜けるダンスシーン。


それまで手を取ってぎこちなくもダンスの練習をしていたのが
王様の「Come!」の一言で腰を抱いて華麗に踊るのです。
この「Come」が演じる人によって違うのだとか。


男らしく"Come!!!"
大人っぽく"Come……"


友人関係なのか恋愛関係なのか、
言い方ひとつで距離感が変わるCome。
これが一番気になっていたところ。


ところがこの場面、日本語訳の字幕ではカットされていたのです。
大切な場面なのに…!


一緒に行った佳代子さんに聞くと
女性を誘うように優しく男らしく…
そんな「Come…」だったとか。
一度言われてみたいものです。笑
大沢たかおさんの大胸筋がまた素晴らしく圧倒的な存在感。
ケリーオハラが歌うシーンでは
聞こえないのに鳥肌がたつという自分の身体の反応が面白い。


やっぱり舞台って素敵。

ダイアログ・イン・サイレンス8月18日まで残席わずかです!

f:id:karinmatasumori:20190811204606j:plain

「これまで聴覚障害者が出るテレビドラマや映画やマンガを見ました。
 その中では、筆談や手話をつかったりしていましたが
 今日はそのなかのどれでもない方法でたくさんのお話をしました。」

 

「言葉に頼らない世界ってなんて自由なんでしょうね。
 カリンさん自身がとても自由を楽しんでいるように見えました」

 


こんな想いを聴けるダイアログ・イン・サイレンス。

言葉の壁を越えて人はもっと自由になる

ぜひこの機会に体験してみませんか。
8月18日まで残席わずかとなっております!

dis.dialogue.or.jp

音のない世界を楽しめる唯一の場所、今日から

言語のない世界ではこんなにも身体が動くなんて。
静寂の世界で見つめあう瞳はこんなにも饒舌だったなんて。
言葉の壁をいくつも超えて
音のない世界を思いきり楽しむ!
そんな体験ができる唯一の場所「ダイアログ・イン・サイレンス」。

今年は8/9~8/18まで10日間限定です。
音のない世界を案内するアテンド達も
万感のあふれる思い抱え、初日を迎えました。
当日券も出ております。
お待ちしております。
https://dis.dialogue.or.jp/

f:id:karinmatasumori:20190606103256j:plain

 

早稲田大学での授業

いくつかの大学で講師をしておりますが
早稲田大学の授業「障害の理解と支援」でゲストスピーカーとして本年もお招きいただきました。
毎回多様な当事者がゲストスピーカーとなり
生の声を聞けるのが醍醐味な授業です。

3限目は、私にとって妹であり頼れる姉さんであり、
男児出産後は肝っ玉かぁち…いや素敵ママになった志磨村早紀ちゃんによる聴覚障害についての解説。

しかも生後四か月の男児を抱っこしての登壇。
ママも天晴れだが、四か月で早稲田大学デビュー果たす赤子もまた
立派に天を仰ぐスタイルで爆睡、天晴れ。
そのうえ手話通訳には森本さんも。

聴覚障害についての多様な聞こえ方、
コミュニケーション手段、心理について
ここまでわかりやすく話せる人は、彼女をおいてほかにはいないと思うのです。
彼女のおかげで、四時限目は私のほうから自由に様々な話しができました。
学生からのレビューシートはどれも
具体的で次につながるコメントも多くありました。


▶松森さんのお話を伺って、聞こえる世界の人たちが普通なのではないと思った。
普通の形は、人それぞれでいろんな形の普通があると感じた。
聴覚がなくなったことで、身体の可能性が広がったという言葉が印象的であった。
自分が考えていることは、相手も同じ考えではなく、まず相手の立場で考えてみる、そして、視野が広がり新しい世界が広がり、考え方も広がってくると思う。
その考え方がユニバーサルデザインにつながってくるのだと感じた。

ユニバーサルデザインという考え方に対して、共感を持ちました。
障がいを持つ人に対してだけでなく、健常者にとっても快適なデザインというものは社会全体で推進していくべきだと思います。
例えば、テレビCMに字幕をつけるというUDは健常者にとっても有難いものです。
テレビの音を事情があって出せない場合でも字幕があれば理解することができます。
松森さんは、各分野でUDを推進しました。私自身は学校分野に対するUDを期待したいです。
その一つにパラリンピックの種目スポーツを一緒にやったり手話を学校教育のカリキュラムに盛り込むことをアイディアとして、提案したいです。
現状のバリアフリーはハード面以上に人の考え方というソフト面が貧弱な気がしています。


学校教育への提案も
▶「聞こえる人たちがコミュニケーション手段を持たないため、バリアがあると考えることもできる」という記述が印象に残った。
一般的に義務教育の中で、私達が障がい者とのコミュニケーションについて本格的に学ぶことはない。
つまり手話などは一般人にとって
「特別で、何か事情でも無ければ身についていないのが当たり前」な技能ということになる。

初等教育の中での紹介、授業があるケースも見られるが、それらは、私達そして障がい者との対話を実現せしめるには、あまりにも軽いものである。
実現の難易は置いて、仮にこのようなコミュニケーションツールを、ごく基礎的なものだけでも、一般教育のカリキュラムの中に取り入れることができれば、障がい者支援の可能性は大きく広がるのではないかと思う。


志磨村さんの解説と私の話がつながるということ
▶松森さんのお話は本当に興味深く、すごく1時間半があっという間でした。

最初にお話しているところを見て、
表情や話の間の取り方、目線を大切にしていることが分かりました。
それと同時に、発し辛い音があるのかなとも感じました。
志磨村さんも仰っていたように、舌の位置で音を確認するために、どうしても発しにくいものがあるのだなと思いました。


早速拙著を読んでくださったという感想も
▶松森先生の『誰でも手話リンガル』を読んで、実際に手と顔の筋肉を動かしてみると、
手の動かすスピードや表情の違いで疑問や強調を表せたりと、
音声言語よりも自分の気持ちを素直に伝えやすいことに気が付きました。
簡単な手話ができるようになることで、聴覚障がいをもつ人とのコミュニケーションのハードルがぐっと下がることが分かりました。


ダイアログ・イン・サイレンスの紹介に関して
▶ダイアログ・イン・サイレンスに非常に興味を持ちました。

言葉を発さない、聴かない状態でどこまで意思疎通ができるか、また、コミュニケーションを取るために互いが歩み寄ることの必要性を体感してみたいです。チケットを取り参加してみようと思います。

f:id:karinmatasumori:20190806205035j:plain
志磨村さんと私の共通点について
▶松森さんの話と志摩村さんの話を聞いて共通するところは、後ろ向きだった過去を乗り越え、前向きになっていたこと。
社会の環境が、自分は耳が聞こえないから、と変わらないもの、変わりにくいものに対して責任を押し付けるのではなく、変われる自分に目を向け、乗り越えようとしたところに両者の共通するところが見えた。


長く講師をやっていると、社会人となった彼らと思わぬ場で再会することがあります。

一緒にお仕事をする機会なんて、それこそ本当にうれしいものです。
早稲田大学で授業を受けた学生さんたちとも、いつかどこかでつながる機会が楽しみです。

「サイレントラジオ」YouTubeで見られます!

音を聞き、手話を見て、文字を見る。
新しいラジオのかたち「サイレントラジオ」。

別所哲也さんの話運び、珠玉のコメント、
落ち着いた穏やかな語り口まで手話通訳を通して伝わります。
新しい手話通訳のかたち、いいなぁ。
今回は私もインタビューを受けました。
(23分頃~)
7/28 ON AIR 終わりましたが以下のYoutube
公開されています。見てくださいね。
https://youtu.be/WPNZQa-uHTg

聴覚障害者も一緒にラジオを楽しむためにはどうすれば良いか?
そんなワクワクするミーティングを繰り返し、ゼロからはじめた「サイレントラジオ」、
3年目です。
前例のないことへのチャレンジは、繰り返し継続することによって「あたりまえ」になっていくのです。

新たな発見と身体感覚の拡張を感じられる
「ダイアログ・イン・サイレンス」
8/9~8/18まで新宿ルミネにて開催されます。
チケット残数が少なくなってきましたのでお早めにどうぞ!
https://dis.dialogue.or.jp/

なお、radikoのタイムフリーでも聴けます。https://www.j-wave.co.jp/holiday/20190728/

🔻クラウドファンディングはこちらから
https://readyfor.jp/projects/dialogue
f:id:karinmatasumori:20190801082211j:plain

井戸端手話の会17年!今年も夏休み講座を。

今年もやりました!
「井戸端手話の会」による地域の小学校への夏休み出前講座。
3~4年生と5~6年生の2コマ開催、今年はオリンピック・パラリンピック関係の手話も!

メンバー11人がみんな先生。
私だけ、練習にもリハーサルにも参加できずぶっつけ本番。

「今年はどんな講座にしたいか」
さまざまなアイデアが出ます。
それを形にして、構成を考え、進行するのが私の担当。
あとはみんなにお任せ。
でもね、みんなすごい!
子どもたちに寄り添い、ユーモアと
豊かな表現力で子どもたちの心をわしづかみにする術をひとりひとりがいろんな形で発揮してくれるのです。

井戸端手話の会は、毎週集って今年で17年目。
子どもの同級生ママ友が中心になって始まり、
いつしか多様な集まりとなりました。

幼稚園の先生、朗読のプロ、料理のプロ、
酒のプロ(え!)、
手話対応可能な店員さんとして活躍する面々、
手話通訳士もおり、
手話通訳者を目指して講座に通う人は4人も。
そして何よりも共に子育てをしてきた
頼れる母達です。(そんな私達の子らは今年で20才!)
彼女たちから学ぶことは本当に多くて尊い

私が欠席しても、井戸端手話を楽しみむことを継続してくれるメンバーたちには、感謝の気持ちでいっぱい。


参加した子どもたちからは
「また来たいです!」
「手話で話ができるのは知っていたけれど表情もつかうのはおどろきでした。これからもつかいます。」
「家族にも教えて手話でしゃべりたい」
「これからグローバル社会になって色んな人との交流があるから、そのときに少しでも手話で話したい」
など、嬉しい声が沢山寄せられました。

継続すると見えてくる新しい世界、
気付きと恩恵の発見。
それを知っている人達だから(なかなか参加できない人も)継続できているんだなぁと、
井戸端手話の会楽しすぎて17年。

f:id:karinmatasumori:20190801081907j:plain