電話リレーサービスがようやく「公共のサービス」へ

やっと今年から電話リレーサービスが「公共のサービス」として開始されます。

電話リレーサービスとは、
聴覚障害者と相手の間に「オペレータ」が入り
パソコンやスマホで「手話」や「文字」で同時通訳しながら通話をするものです。

日本では
聴覚障害者は電話ができない」
これが当然のように思われ
長い間、様々な社会参加の妨げになっておりました。

でも、世界を見るとアメリカや韓国をはじめ20か国以上で
公的なサービスとして提供され、
聴者が電話を利用するのと同じように、利用できる環境があるのです。

日本の常識は世界での非常識、でもあったのですね。

日本では2013年日本財団によるモデルプロジェクトが開始され
関連するワーキンググループが立ち上がり、私も何度か関わってきました。
そうした中で徐々に認知が高まり、
ニーズも増え一万人以上の利用者がいました。

しかし、利用可能な時間が限られているうえ、
110番や119番など緊急通報はできないとい制約もあったのです。

ようやく昨年6月に「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」が可決され、2021年度から公共インフラとしての電話リレーサービスが開始されるというプロセスです。
G7の中で、唯一公的電話リレーサービスが未実施だった日本が、ようやく。

病院の予約や、宅配便の再配達、出前など日常生活の中のちょっとしたやり取り。
仕事をする上での確認、アポを取るなど
メールでも対応できるけれど、リアルタイムでやり取りしたい場合もあります。
聴覚障害者でも独立や起業する人が増え
テレワークが増えている昨今、
電話リレーサービスが「公的なサービス」として提供されることは
「あたりまえがあたりまえに」なること。

 日本財団電話リレーサービスの理事長は、私の大学時代からの恩師である大沼直紀先生。
「高齢者や中途失聴者を含めて電話をしにくい人たちに利用してほしい。オペレーターの技量やスキルがとても大事になるので、特別な養成プログラムを使って専門的なオペレーターを養成していきたい」
大沼先生のコメントは、毅然としつつも温かい。

手話など介し通話 「電話リレーサービス」団体に指定書 総務省 | NHKニュース

2021昨日から今日の朝へのつながり

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします。

 

きのうベランダから見送った太陽が
まばゆいばかりの光で照らしてくれた2021年初日の出。
昨日から今日の朝へのつながり。

 

思い出したのは、谷川俊太郎さんの詩「朝のリレー」。
中学校の教科書に載っていた記憶がある。

 

カムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

 

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

 

この地球ではいつもどこかで朝がはじまっている。
いつもどこかで、自分とはちがう人の朝が。
いつもどこかで、新しい一日が。 

新しい年は、自分らしく笑っていた。
新しい年が、どうか穏やかで笑顔あふれるものとなりますように。

f:id:karinmatasumori:20210101112655j:plain

写真はリンゴアート2021

2020年最後の太陽を見送りながら

風がはこぶ季節の香り
きらめく光のささやき
季節は巡る。

変化を受け入れ、社会から求められていることに応えること
新しい様式を進化させ、楽しく社会に提案をしていくこと。
このことに必死だったように思います。
世界から笑顔が消えてしまうなんて
予想もしていなかった一年前。

事のはじまりは初めての台湾旅行だったか。
<2020-01-28初台湾、行くとこ全て閉店。そうか旧正月だった。<前編>>https://karinmatsumori.hatenablog.com/archive/2020/01/28
この後、コロナウィルスの感染拡大で
日本でも緊急事態宣言後、ゴーストタウン化。

新型コロナウィルスに関する記者会見や情報発信が増え
字幕や手話も必要だという働きかけも多くあり、今や記者会見には必ず
手話も字幕も付くようになったのはコロナ後の嬉しい変化。
<2020-03-29字幕も手話も。批判より提案を。3/24東京都知事の記者会見に思う>https://karinmatsumori.hatenablog.com/entry/2020/03/29/122441


マスク生活で顔の表情が遮られ
世界から、人の声も、おしゃべりも、笑い声も、そして笑顔も
消えてしまったように感じた5月「マスクで伝える接客手話」
耳の聞こえない人にも伝える4つのポイント動画を作成しました。https://youtu.be/pe8CZju9aGs
今ならもっとパワーアップしたものが作れそうな気がします。

6月、新潟の両親の体調にも不安を感じるようになりました。
コロナ予防に注意をしながら新潟に足を運び
できるだけ一緒の時間を過ごすように。
「お前たちみんないい子に育ってくれて満足だ」と
まるで最後の言葉のようなセリフを放った父ですが、まだ生きています。笑
ここ数年「親が元気なうちに!」にと、
毎年国内や海外に連れ出して珍道中を繰り広げていましたが
安心して移動ができるようになったら、またどこかへ行きたいな。
私はあと何回、親の顔を見ることができるんだろうか。
今年はさすがに帰省を断念しましたが、
毎朝目覚めて母ケーコにLINEをし、元気でさえいてくれればと祈る毎日。

長年取り組んできた「テレビCMにも字幕を!」は
ついに2022年を最終目標とし、全CMに字幕付与が可能になりました。
(9/18字幕付きCM普及推進協議会「字幕CM普及のロードマップ」より)
全省庁の事務次官を対象とした
「ユニバーサル社会を創造する次官プロジェクト」や
10月13日「第6回字幕付きCMセミナー」で
CM字幕の現状「0.3%」という数字を共有してきました。
先月から字幕付きのCMが増えていると実感。
誰も取り残さない社会へ。

8月23日、コロナ禍でダイアログミュージアム「対話の森」がOPENしました。
触れたものすべてを消毒し、丁寧な感染予防をしながら迎えたオープン初日
「テレワークで人と会う機会がなくなった今、ここでの出会いと対話が嬉しい」
笑顔で語ってくれたゲストの言葉が心に響きました。
コロナ禍でテレワークや自粛が推奨され
「5つの小」が提言され、何もかもが小さく縮こまってしまいそうな今
私たちは「5つの大」を提言。
https://taiwanomori.dialogue.or.jp/news/20201207news-2/

声を発さず、対話を楽しむダイアログ・イン・サイレンスは
コロナ時代に即した新しいコミュニケーション様式です。
現代の社会課題に正面から応えられるソーシャルエンターテインメントとして
深い意義を感じます。


今年最後の太陽を見送りながら
新しい年は、笑顔があふれる年になりますように。
今年会えなかったひとりひとりと笑顔で会えますように。
光を感じる言葉を多めに持ち、まずは自分から笑っていきます。
出会ってくださったたくさんの方々、支えてくださったすべての方々へ
深い感謝をこめて。
希望と祈りも込めて。

 

2020年12月31日

f:id:karinmatasumori:20201231163530j:plain

 

早稲田大学での授業。コロナ時代。

f:id:karinmatasumori:20201228234537j:plain学生不在の講義。シュールです。
早稲田大学での講義「障がいの理解と支援」は
多様な当事者がゲストスピーカーで生の声を聞けるのが醍醐味の授業。
3限目は妹のようだけど頼れる酒豪姉さん志磨村早紀ちゃんによる聴覚障害の解説。
基本的な知識や困りごと、多様な聞こえ方と聞こえなさ、
心理面にいたるまで、とってもわかりやすいお話を。
4限目は私の方から、ユニバーサルデザインをテーマに公共施設やエンタメなど
「一緒に利用できる、一緒に楽しめる」という視点の話を。
オンラインでのライブ配信講義なので、
講師と担当先生や関係者のみ講義室に集合。
カメラの向こうの学生たちを思いながらカメラ目線での講義もすっかり日常化。
突然画像が消えてしまったり、
音を消して動画再生するはずがうっかり音が出てしまい
「聞かなかったことにしてね!」と、
そんなわちゃわちゃも一緒に楽しみつつ。
だからなのか
「松森さんの明るい笑い声にとても励まされた」という感想も。
今年はどの大学でもオンラインで、共通しているのは
「表情や笑い声」に関するコメントが多いことです。
二つ紹介したいと思います。
 
■「音声言語に縛られない=コミュニケーション手段が豊か」というのは、
この今のご時世を思うとより一層強く共感しました。
色々なコミュニケーション手段を持て
ば、その分色々な人と対話を楽しめることは、至極当たり前のことでありながら、実践には少しの勇気がいるものです。どうしても自分にとって一番都合良く簡単な手段を選んでしまうし、共通点に多い者同士で結束を固め集まりがちになってしまうのは、人間の本能だと思います。
しかし、使える手段を増やしてみればその分だけ共通点のある人の人数が増え、世界が広がるのだろうと思えば、他に代えられない価値があるように感じます。
「多様化を認めて共存する」なんて言うのはとてもありきたりなフレーズではあるけれど、社会の一構成員として生活する上で、一番難しいけれど一番大事にしたいことだなと思いました。
■特に印象深かったのは、志磨村さんと同様で“笑顔”そして、“笑い声”です。
こちらも笑顔や笑いたくなるくらいの素敵さでした。紹介された、耳が聞こえないからこその表情の豊かさなのかと思いました。その点からも最後に紹介された『ダイアログ・イン・サイエンス』はぜひ体験してみたいと思いました。
 
毎日様々なオンライン授業を受けている学生にとっては、
表情があることや、笑顔や笑い声は受講時の気持ちにまで影響するようです。
でも実は講義をしている私が一番楽しんでいるのかもしれない。
目の前に学生がいなくても、
「〇〇だと思う人手を挙げて。って誰もいないわ!」なんてカメラに向かってのひとりノリツッコミせざるを得ない状況でも、
それでも学生たちとつながる機会があること、つながる手段があること、それが嬉しいし楽しい。
来年度は酒豪サキちゃんとの対談案もでている。

f:id:karinmatasumori:20201212132336j:plain

東京新聞<12月の窓>言葉を超えるほほ笑み

12月22日東京新聞で紹介されました。

プログラムの間、松森さんは参加者の誰よりも楽しそうに笑う。”

本当にそうかも。

記者の神谷さん、言葉の選び方、運び方、記事の空気感の作り方、すべてが素敵です。

 

<12月の窓>言葉を超えるほほ笑み

www.tokyo-np.co.jp

<12月の窓>言葉を超えるほほ笑み:東京新聞 TOKYO Web (tokyo-np.co.jp)

 

14年目の東洋大学人間デザイン学科講義はオンデマンドで

東洋大学人間デザイン学科「製品と情報のUD」。
14年目の今年はオンデマンド授業。スマホで自撮りです。
聴覚障害の立場から、これまで関わってきた公共施設、
エンターテインメント、子育てを通した地域とのつながりや
コロナ禍のコミュニケーションの困りごとと、覚えておきたい手話まで実体験を交えながら進めます。
双方向のやり取りができないため、業前に質問を受けてその回答を織り交ぜたり
授業後、約250人分のレポートすべてに目を通し、必要に応じてコメントを返すなどの工夫をしました。
学生からの感想としては
・「間」の取り方が心地良く、とても聞きやすいと感じました。
プレゼンの中でも「間」や表情だけでも、内容の伝わり方にかなり影響するため参考にしたいと思った。
・パワーポイントが全部見やすく、相手に伝えたい事を理解してもらうにはどうすれば良いのかを、いつも考えられているということをとても感じました。愛情をもって話されていて、本当に対面でお会いして講義を受けたかったです。
これだけでも十分嬉しい…涙
その他レポートから印象に残ったことを抜粋。
■コミュニケーションについて
・松森先生は、声、手話、表情、首をかしげたりと、全身を使って伝えようとしていた。先生を見ていると、健常者と話しているよりも気持ちがよく伝わった。いかに、伝えようとすることが大切であるかが分かった。手話が使えなくても、伝える方法はたくさんあることを知ったので、聴覚障害者とのコミュニケーションを難しく考えずに、積極的にコミュニケーションをとっていきたい。
・最近は目を合わさずに携帯など、ながらで喋ることが多い世の中だけれど、それはとても寂しいと私は感じるし、ちゃんと相手と向き合って喋ることがとても大切でもっとそういうコミュニケーションを大切にできる世の中にしたいと改めて強く感じました。
ユニバーサルデザインについて
・様々なテーマについて「初めて知った」ということは自分自身がそのようなこと
に目を向けられていなかったことの証拠でもある。「これらの不便さ、何とかなりませんかね?」という投げかけに今の私達のようにデザインを勉強している学生全員に知ってほしいと強く思いました。今ある問題をしっかり知ることが、問題解決につながる。いつもとは違う角度で物事や日常が見られました。
・人と話す時に目を見る、笑顔になるなどはみんなにとって大事なものなので、これも大切なユニバーサルデザインの一つと言えるのではないか。
■CMの字幕について
・今のCMは音での表現と速さ(疾走感)が強い。とにかく早口でそして突然始まり、突然終わるCMが多く、何の宣伝だったのか理解出来ずに終わっています。だから字幕があるほうが理解度も劇的に上がる。
・提案したいのは字幕背景の着せ替え機能。
恋愛系のストーリーの場合に乙女ゲームのような字幕の背景になったり、お菓子のCMの字幕背景がポップなものになったり、フォントを変えたり。字幕を補助機能ではなくエンターテイメントに変えるとそのCMはさらに魅力的になるだろう。
■ダイアログ・イン・サイレンスについて
・私が今回の講義で1番興味を持ったのは「ダイアログ・イン・サイレンス」である。今の社会の状況にぴったりな物だと感じた。
普段私は、表情や仕草も情報と取り入れながら、ほとんどは音声に頼って会話(意思疎通)をしている。そのためダイアログ・イン・サイレンスは難しそうだと感じた。同時に、顔の表情など見て感じる情報だけで意思を伝えられたら楽しそうだとも感じた。私の中では音が聞こえて、音声で会話をするのが「普通」であるが、この体験を通して、私の中の「普通」も変化するのでは無いかと考えた。
・「対話の森」行ってみたいと思いました。自分の知らない世界を知ってみたい、知る必要があると今回の授業で改めて感じました。
レポートの中で意外と多かったのが
■表情の大切さについて
・今回の講義を受けて一番印象に残った部分は松森先生の明るい表情です。
すごくイキイキと話されていたので、オンラインではあるけれど、授業を聞いていて楽しかったです。表情で伝えるということも大切だということを学びました。
・明るい表情や嬉しそうな表情で話せば相手にも感情が伝染し明るい気持ちになれたり、悲しい表情で話せば相手とその悲しみを分かち合えるのではないかと思います。
このような世の中の状況だからこそ明るい表情を心がけて生活していきたいです。
・表情の豊かさ、また会話の端々から聞き手を気遣ってくださる気持ちが感じられて、一方的にうれしい気持ちになった。伝えることの難しさや大切さを身をもって体験されているからこそ、自分が使うことのできるすべての技術をフル活用して”伝える”行為をしているのだと感じた。私は、話すときあまり口を動かさないし、身振りがなくなってしまったり、表情も豊かではないなと今回気づくことができた。そして、私ができていない表現を用いて話をする松森さんがキラキラと光って見えた。今回は聴覚障害というアプローチから気づかせていただいたが、これはどんな境遇の人でもできるべき伝達方法だと感じたので、私自身も今後意識して生活しようと思う。
・松森先生の姿を見た瞬間に「なんて素敵な表情なのだろうか」と感じ、引き込まれました。画面内の動画からですら伝わってくる輝き?と表現したら良いのでしょうか、、、輝いてました。きっと松森先生の目から一番何かが伝わっていた気がします。
 これはもう、ダイアログ・イン・サイレンス効果といっても過言ではなさそうです。
「今後の進路を決める上で重要なことを考えることが出来ました」という学生もおり
慣れない自撮りに何度もNG出しつつも、今年も講義を終えることができて良かったです。
担当の池田千登勢先生はガラス作家でもあり
自由なイマジネーションが素敵で今でもずっと憧れの先生です。
そんな先生のもとで学ぶ学生たちも、とっても素直で豊かで柔らかい。 

f:id:karinmatasumori:20201223194738j:plain

 

ヒルトン東京ベイでの講演

コロナ禍で、企業や一般向けの対面講演はなくなりましたが
小・中・高校での対面講演が増えました。

 

本当ならば京都・奈良への修学旅行が中止になってしまった大妻中学校では、
修学旅行の代わりにディズニーリゾートエリアのヒルトン東京ベイ
「心のバリアフリー&奈良・薬師寺住職による法話」という企画が。

午前中は、奈良の薬師寺の住職さんの法話で、少しでも修学旅行の雰囲気を。
お昼は美味しいお弁当。
午後は私の講演というプログラムでした。

聞こえる世界から聞こえない世界へ。そして
大学時代2年間にわたって研究をした
東京ディズニーランドを10倍楽しむための提案」という授業や
そこから学んだことや、今につながっていることなど
東京ディズニーリゾートバリアフリーの事例を沢山の写真とともに紹介し
エンタメを意識して「一緒に楽しむために」を考える時間としました。

 

今回の企画を考えてくれた近畿日本ツーリストの伴流さんからは
「先生方から「本当に実施して良かったです」と帰り際に耳打ちされて(笑)、すごく嬉しかった」と。

そんな反応を聞くと、私も嬉しいものです。

約300人、間隔をあけての着席なので大宴会場にて
5つのスクリーンに囲まれての開催です。
記念すべき修学旅行の代わりにはなれないけれど
コロナ時代の新しい学びの企画として、非日常空間を使うという演出は気持ちも上がります。

f:id:karinmatasumori:20201223134601j:plain
大妻中学校は伝統ある女子校。
ごきげんよう」とあいさつをする習慣があり、
校長の成島由美先生の教育ビジョンは胸に響きます。
いつか一度お会いしてお話してみたい方のひとりです。

 

"社会に出ると「正解」のない問題ばかりです、また問題を解く以上に「問い」をたてる力が大切になってきます。何歳になっても深い教養や洞察力をもって時代に挑み続けることが大切です、沢山の書物に触れること、多様な友と交わること、世界的な視野で幅広いテーマへの関心を持ち続けること、これらが可能な環境、機会が本校には揃っています。"

https://www.otsuma.ed.jp/about/message/

f:id:karinmatasumori:20201223134430j:plain

f:id:karinmatasumori:20201223134618j:plain

非日常への入り口みたい